2016年 TALKテーブル作品展「協会賞」受賞 作品

 綺麗な物・楽しむ事が好きな祖母・両親は、幼少期より本物に触れる沢山の感動体験を通し、家族の絆、感性を育て、
心が豊かである事の大切さを教えてくれました。
 大好きな音楽からブライダルの世界に入り、その後結婚、子育て、転勤。
ライフステージの変化が女性にもたらす影響に戸惑い奮闘していた頃、食空間の学びに出会いました。

テーブルコーディネートには必ずストーリーがあります。相手を思い、伝統・知識に、経験・感性加え、沢山の優しさを食卓に表現します。
仕事、結婚、子育て、転勤、東日本大震災…嬉しい時も、辛く悲しい時も、全力で頑張って来た好きと得意と経験の全てを、
私らしさと言う宝物とし表現出来る素敵な世界は、奥が深く、「卓育」として子供達にも素晴らしい効果をもたらしてくれました。

家庭の食卓は大切な人との絆を深め、感性を育み、楽しい記憶と共に伝統文化を継承する学びの場にもなります。
しかし、今なお、私に喜びと感動と、素敵な出会いをもたらしてくれているテーブルコーディネートが、一方で高価な食器がないと
出来ない贅沢なものと誤解され、「卓育」に最適な子育て世代に敬遠されている現状があるのをとてももったいなく感じております。

そんな思いから、家族の為、自分の為、頑張る女性と子供達の今と未来が「Richesse(宝物)な時間」になります様、
食空間を通し女性のライフスタイルに合せたコンテンツで、私らしく応援させて頂きたいと思っています。

新生活・結婚・仕事・卓育・癒し・資格取得…初心者の方からプロを目指す方まで、楽しく、自分らしく、
あなたの「Richesse(宝物)」をご一緒に見つけてみませんか?

食空間コーディネーター 小林 知恵子